人気ブログランキング |
~迷彩~
ishinovel.exblog.jp

伊死個人小説連載版+CD感言版。女性向有。僅以此TOP向櫻塚星史郎致敬。最近超懶。
★★PROFILE★★
★★LINK ME★★

連結地址:http://ishinovel.exblog.jp

★★MY BLOGS★★
本家‧香港事情

分家‧英雄事情

分分家‧漫畫事情


★★LINKS★★
林弦親的Heart's Dice
検索
カテゴリ
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
記事ランキング
その他のジャンル
See U in Twitter!!!
以前の記事
ファン
ブログジャンル
画像一覧
飛べないヒカル  01
第一次用日語寫小說,希望沒錯太多文法或用法就好……
太久沒寫日文了……

設定是用和薰薰一起玩的東東,那個還沒有名字的RPG鉅作(?)中最小的孩子希卡路(ヒカル)和神龍(リュウ)為題的小番外。

最近我們才發覺不會飛的希卡路真是集萬千寵愛在一身耶~



飛べないヒカル  01



浮かんでいる空気の流れを感じながら、体を大空に任せる。

気流の隙間を見つけ、その僅かな空間から翼を振って、上に強く、強く飛べ…

「うわっ!!!」

期待の一瞬が来なかった。

その代わりに、体が急に重くなり、そして、沈んだ。

「やべぇ…」

高速に落ちるのは初めてのことではありません。

どんなに振っても効かない、まるで飾りのようなものは背の中でしっかり貼り付けた。

気流は刃のように痛い。

刺されたのは皮膚だけではなく、飛ぶことを試した決心も同じなのだ。

このまま落ちたら、間違いなく死ぬ。

何故ならいえば、島の一番高い塔から飛んでしまうからだ。

「僕、馬鹿だな…」っと呟いてから、情けない声が聞こえた。

「馬鹿な子さ…うちはあんたをそんな恩知らぬ子を育ったとは覚えぬね。」

懐かしい声が耳の後に出した。

その後、背中の服が何かを抓まれていた。それから目の前の視界はばっと広くなった。

それはずっと憧れた景色だ。

しかし、空に感動する時間なんぞなかった。

「痛い!!」

お尻を地面にひどく投げ出した爪が、徐々に人間の手に変化した。

「痛くないわけがありませんね、ヒカル。」声の主が髪の長い青年、つまりヒカルを救いだ生物なのだ。「高~い塔から飛んでから覚悟しとってんのね。」

ヒカルは「痛みを口から出せない」っと自分に忠告し、ゆっくり立ち上がった。

見かけは平静けれども、実は青年は怒鳴っているっと、よくわかってたからだ。

青年が変身してから裸な体を服に覆われたまで、おとなしく待っていた。

「……飛べないんだ」

ヒカルは悲しい時、かならず手が服を揉みながら話す習慣が、13歳になっても変わらない。

涙が目の中にごろごろしてる顔を見ると、青年は嘆きをした。

「翼を振っても飛べないだもん…リュウ……」

リュウと呼ばれる青年がヒカルに近づくと、小さい体が胸に抱きしめた。

昔ながら、青年がヒカルの泣き声に抵抗力を持ってない。

「飛べるさ、ヒカル。」

両手を背中の羽を撫でると、ヒカルがわっと大きい声で泣いた。

「きっと、いつかの日…」

名無き島のたった二人の住人は、この時飛ぶことをほっとおいて、一日を始める。

=============================================


初めて日本語で小説を書く。

これでもライトノベルズでしょうか。

ヒカルの名前「希卡路‧那爾」の意味は日本語で「光る・ない」って…

本当は「飛べ・できない」かな…

こんな設定…だれかがやったの…?[笑]
by ishinovel | 2006-10-18 08:23 | [FantasySide]希卡路之章